初島のダイビングで魚の大群と出会う

島全体が天然の魚礁

初島のダイビングへようこそ

遥か南からの海流に洗われ「天然の魚礁」と言われるほど、生き物が豊かな初島の海。
スキューバ器材をつけて水面下を覗き込むと、ソフトコーラルや砂地や岩場のバラエティに富んだ景観、キンギョハナダイやハタンポ、ネンブツダイなど色とりどりの魚達のダイナミックな群泳が待ち受けています。
その他にも、ネコザメやカスザメといった大型種、イサキやタカベ、ワラサの大群、カエルアンコウの仲間やハナタツ、ピカチューウミウシをはじめとしたウミウシの仲間たち、ジョーフィッシュなどのマクロ系の生物達も豊富で、まさにワイドからマクロまでオールマイティなフィッシュウォッチングが楽しめる海です。

まさに初島の海は、フィッシュウォッチングにおける海の宝石箱と言えるでしょう。

初島専門店だから

 

我々、シーフロント初島のスタッフは、ほぼ毎日初島の海に潜り続けております。だからこそ、初島の海の楽しいこと、面白いところ、生物の居場所、ちょっと危険なことなどを、誰よりも熟知しております。

​お客様のダイビング経験、ニーズ、不安なことなどを総合的に判断し、初島の海中をご案内させていただきます。

初島のヤギ類.jpg
大物が棲む海初島.jpg

初島やダイビングだけではありません

 

シーフロントは初島だけではなく、東伊豆エリアの富戸をメインベースにしている「城ケ崎店」、初島店をバックアップする「熱海サテライトオフィス」、さらに西伊豆エリアのらららサンビーチにある「平沢マリンセンター」の運営も致しております。

​また初島内には、シーフロント直営の「初島スノーケリングセンター」もあり、スキューバダイビングよりもお気軽に楽しめるスノーケリングにも力を入れております。