初島のダイビングポイント

初島航空ダイビングスポットMAP.jpg

遥か南からの海流に洗われ「天然の漁礁」と言われるほど豊かな初島の海。
ダイビング器材をつけて水中世界を覗き込むと、伊豆屈指のキバナトサカ(サンゴの一種)の群生や砂地や岩場のバラエティに富んだ景観、キンギョハナダイやハタンポ、ネンブツダイなど色とりどりの魚達のダイナミックな群泳が待ち受けています。
そのほかにも、ウデフリツノザヤウミウシやムラサキウミコチョウなどのマクロ系の生物達も豊富な初島はまさに海の宝石箱です。

フタツネ

初島の海のシーズナリティ

初島の海のシーズナリティ2.jpg
unnamed.gif

フタツネ

futatsune.map.gif

初島ダイビングセンター前のポイントということもあり、ダイバーが最も多く利用するメインポイント。
エントリー/エキジットのスロープが一方通行に分かれていて使いやすい。
エントリー直後からキビナゴ、カンパチ、タカベの群れに遭遇したり、ゴロタの隙間を覗くと1m級のネコザメやクエなどもよく見られます。

小砂利の深度の浅いエリアでもジョーフィッシュが見られ、夏にはアオリイカの産卵ショー、冬には通称「ピカチュー団地」が出来るほどたくさんのウデフリツノザヤウミウシが見られます。
ワイドからマクロまでバラエティーに富んだスーパービーチポイントなので、ビギナーダイバーからベテランダイバーまで楽しめます。

 
unnamed.gif

​イサキネ

isakine.map1.gif

ゴロタを抜けてエントリーし、フタツネのエキジットスロープから上がるスタイル。移動距離が長いこともあり、中性浮力で長く泳げる方向けの上級者限定ポイントになっています。

潮当たりがよく、生き生きした大きなソフトコーラルをはじめ、魚影も濃く、回遊魚に遭遇できる確率はNO.1です。
砂地にはカスザメ、サカタザメ、ナヌカザメとサメ類がよく見られる上に、岩の上にネコザメ、ヒラメが無防備にいることも多く、魅力いっぱいのビーチポイントです。

いさきね26.jpg
 
unnamed.gif

​ヤグラ

新やぐら水中MAP.jpg

沖合約200mの鋼鉄製漁礁となっており、永年漁師さんの漁場として保護されていた場所で、魚影が非常に濃く、ワイドな景観と生物層が楽しめるポイントですが、それだけに、ひとたび流れがかかると、移動に伴う負荷が大きく、より高いレベルでのスキルや判断を必要とする場合もあります。

主な見どころとしてトビエイやワラサ、水底には各種サメ類、高密度のタカベ、イサキ、スズメダイ、キンギョハナダイの大群など、魚影の濃さに関しては初島ナンバー1のビーチポイントです。
フタツネのEN/EXスロープから海へ出入りするスタイルとなります。

ヤグラ.jpg
 
unnamed.gif

​ニシマト

nishimato.map.gif

初島ダイビングセンターから見て島の裏手に位置し、海中の深度傾斜がなだらかな地形ということもあり、イソギンチャク畑にはクマノミ、かわいい幼魚などがいて、ビギナーから楽しめる癒し系のポイント。
水中ライトを使って岩棚を覗くと美味しそうなイセエビが見られ、たどり着く先の大型タイヤの漁礁にはタカベ、イサキ、マアジ、イシモチ、キンギョハナダイなどがぐっちゃり群れていることが多く、まさに「龍宮城」のようです。また沖の広大な砂地には大きなヒラメ、エイ、サカタザメ、カスザメなどが潜んでいることもよくあります。
ビギナーダイバーなら浅場で、ベテランダイバーであれば少々泳いで沖の砂地へまで遠征すれば十分納得・満足のビーチポイントです。

 
unnamed.gif

​ヤンバタ

yambata.map.gif
2018-2.jpg

ゴロタを抜けてエントリーし、ニシマトのエキジットスロープから上がるスタイル。
ニシマトの南西に位置し、海中は白い砂地とこぶりの根のコントラストが美しい。特に水深15~17m付近は「日本庭園」と呼ばれるほど、独特の景観になっている。
砂地にはカスザメ、サカタザメ、ヒラメなどがよく見られ、沖のショートドロップでは、ワラサ・カンパチの大群に巻かれることもしばしば。
当たると実力NO.1と言っても決して過言ではないポテンシャルを持つビーチポイントです。